債務整理 相談 弁護士費用 無料相談

債務整理相談

  1. 債務整理とは
  2. 債務整理の相談先は?
  3. 債務整理と任意整理 自己破産との違い
  4. 債務整理の自己破産とは?
  5. 債務整理の相談はやっぱり弁護士に

 

債務整理とは

日常ではあまり聞きなれない債務整理ですが、債務(借金)を整理することを言います。
借金返済の途中で、経済状況が悪化して、今の収入では返済額が大きすぎる時に、借金を減額しましょうというのが債務整理です。

 

基本的には、債権者との交渉の末、和解や合意によるものが多いですが、自己破産のように裁判所が間に入って、借金返済ゼロになることもあります。
ただ最初は、返済額を減らしたい、もう少し減れば長い時間かかっても借金返済ができる、または利息分だけのカット等のいろいろな方法があります。

 

また、消費者金融などでは、過去に高い利息で貸金などをしていた時、現在の利息制限法以上の利息をとっていた場合、過払い金請求を対応しなけれ義ならないとされています。
高い利息で返済していた方にとっては、過払い金の存在はとても大きいです。
住宅ローンの債務整理には、住宅ローンだけを債務整理をしない個人再生、住宅は諦めて、競売になるのを避ける任意売却等の様々な方法があります・

 

債務整理というと、債務者を守る法律ですから、自己破産だけがクローズアップされるのですが、それでは債権者にとっては大きなマイナスになってしまいます。
自己破産の借金ゼロにはなるものの、デメリットがないわけではありません。

 

返せない借金を抱えて、貸金業者との間に嫌な空気が流れていたり、何もしないで、催促の電話を怖がっていては何の解決もありません。
そんな債務者のために作られた債務整理です。
どうしたら良いか、自分の時にはどのような対応ができるかなどの知識を持ちましょう。

 

司法書士や弁護士、法律事務所では無料相談を行っているところは数多くあります。
最初はメールや電話だけでも良いですカラ、借金で悩んでいる人はどんなことでも良いですから、一度相談に行くことをおすすめします。
もうダメだ、破産しかないと思っている方にしても、相当な手続きを経ないと出来ないことです。
何もしない、返済から逃げるのではなく、債務整理を通じて、借金問題を解決しましょう。

 

▲戻る

 

債務整理の相談先は?

借金の返済ができなくなると、債権者である貸金業者、消費者金融、銀行なとから様々な形での請求がきます。
絶対にくるものですが、そのような書類に目を通さず黙っているという方もいるでしょう。

 

テレビのCMなどで『借金で悩んでいる方は◯◯に相談を』と言うアナウンスを聞いたことがあるかもしれません。
これぞ、債務整理のスタートになります。
法律の分野ですから、債務整理は弁護士や司法書士が詳しいです。

 

債務整理と言葉は聞くけれど、具体的にどうしたら良いか?何がどうなって、自分はどうしたら良いか?等、親切に教えてくれます。
いきなり相談に行くのはイヤな方は、消費者センターなどで相談されるのも良いでしょう。
それでも、弁護士などの紹介を受けることになります。

 

債務整理は、弁護士などがいなければ出来ないのか?というと、そんな事はありません。
現在、インターネットを通じて、弁護士以外の方も債務整理についての詳しい説明や体験談などが綴ってあります。
これらを参考にするのも良いかもしれませんし、自分ならできるというのなら、行動を起こすことも可能です。

 

債務整理の相談をしたら良いと言うのは、債務者にとって有利な結果に終わることが多いからです。
例えば、債務整理の中でも一番件数が多いとされる任意整理の場合、債権者との直接交渉になります。
そこで、理想的な解決と言えば、利息カットで元金のみの返済、そしてそれも負担のない金額設定です。
慣れている弁護士なら、比較的早い時間に解決ができるとされています。

 

もちろん報酬もあることですが、その分を差し引いたとしても、

  • 早期解決
  • 返済額の大幅現象
  • 交渉はすべて依頼

という点では、弁護士や司法書士に依頼をするメリットは大きいのです。

 

金融機関などに、債務整理をしたいのですが、と相談をしても対応してくれるかどうかは不明です。
こちらとしては和解と言う形をとっているつもりでも、金融機関にとっては、損な取引になりますから、そこからの交渉が大変な行動になってしまいます。

 

借金の内容にもよりますが、残債が大きければ大きいほど、法律の専門家に依頼をして、早く安心できる普通の生活に戻ることをオススメします。

 

▲戻る

債務整理と任意整理 自己破産との違い

借金返済ができなくなってしまうと自己破産を考える方がいます。
自己破産の最大のメリットは、うまく行けば弁済がゼロになってしまうことでしょう。
他の債務整理にはない特別な解決法です。
しかし、最近、破産者の急増で、そんなに簡単に自己破産ができなくなっているという報告もあります。

 

法律事務所等の調査では、債務整理の中でも任意整理が一番多いとされています。
任意整理は、返済ができなくなったローンやクレジットの内容を債権者との交渉により、最低限返済できるように契約を変えることを言います。

 

例えば、元金100万円で利息30万円の借金があったとします。
毎月3万円ずつのローンの返済が難しいから、任意整理をする場合、最初に30万円の利息カットを申し出て、100万円だけの返済にしてもらうと言った交渉です。
そして、その時に毎月1万円なら返済ができると約束をして、
元金100万円、利息0円の借金にしてもらうのです。
原則的に元金には手を付けないのが任意整理で、最大限利息カットの交渉を続けていくことになります。

 

自己破産をお考えの方にとってみれば、結局返済はしなければならないところに不満があるかもしれません。
しかし、もし収入があるのなら、最低限の返済はしていきましょう。
そしてどうしようもない場合、様々な条件が合えば、仕方なし自己破産で借金もゼロにしましょうと言うものです。

 

 

借金返済中に大病をしたり、仕事が全くない、日常生活もまともに送れていない等の場合は、裁判所が自己破産の決定をします。
そうではなく、このくらいの返済ならできると判断された場合は、自己破産決定はしないのです。

 

その他特定調停や個人再生等の債務整理の種類はありますが、いずれも返済を見込んで、返済額を小さくすることが前提となっています。
自己破産だけが特殊な形になっているのですが、そう簡単に決定しないようです。

 

▲戻る

債務整理の自己破産とは?

債務整理は自己破産しかないと思っている方も多いです。
借金返済をゼロにすることができる自己破産に関しては、破産をするという言葉で、全ての財産を失う意味もあります。
住宅ローン等返済で、滞納が続き、自己破産に陥った場合、家はもちろんですが、20万円以上の財産については管財人によって没収されます。
もちろんその他の借金の種類についても、高級な車の所有などがある場合、身ぐるみ剥がれることになります。

 

債権者が提示する貸金などの利息が利息制限法以上であれば過払い金請求ができますが、それもない。
とにかく請求される返済額をとても払うことが出来ない、特定調停や個人再生、任意整理などで提示される返済額も絶対に出ないという場合、裁判所の決定で、自己破産は決まります。

 

裁判所では、自己破産の書類はとても細かく設定してきます。
すべて揃わなければならないのは当然ですが、書き方なども決まっています。
何度も裁判所に行くことになりますが、一つ一つ指導されたことを行うことが必要になります。

 

借金を滞納して、自己破産の手続きを始めると消費者金融等からの請求が止まります。
ですから、その間は精神的な苦痛もなく、今後の生活の立て直しをするのも良いでしょう。
自己破産の免責決定までに半年くらいかかることもあります。

 

自己破産後の生活ですが、メリットは借金返済がゼロになることです。
一部の方しか目にしない官報に名前が載り、10年間くらいはクレジットやローン契約が出来ません。
しかし、あとの生活は普通です。
選挙権もありますし、税金などの支払いも義務になります。
自分から言わなければ、他人が知ることもないでしょう。

 

▲戻る

債務整理の相談はやっぱり弁護士に

債務整理の相談をするのは弁護士や司法書士の法曹界の方です。
弁護士というと、堅苦しい感じもしますが、肩の力を脱いて役所にでも出向く感じで相談をしてください。

 

弁護士同様に、借金の額が小さければ司法書士でも債務整理の依頼ができます。
弁護士と司法書士の違いは、料金にあるとされています。
しかし、現在多くの法律事務所で債務整理の依頼を受けていますから、料金は様々です。

 

 

弁護士に依頼をするメリットは、その分野に強いことがいえます。
債務整理のほとんどが交渉力と知識です。
両方を兼ね備えている弁護士は、債務者に有利になるよう粘り強く交渉を続け、債権者にしてみれば、かなわないということになることが多いようです。
和解契約にしても同意にしても、手続き、書類など弁護士にとってみればいつもの仕事そのものです。
ですから、“債務者にとってベストな債務整理の選択ができるのが弁護士”といえます。

 

そして、デメリットとしては、料金が高いことです。
普段あまり縁のない弁護士ですが、依頼をした時にやっぱり高いと感じる方が多いです。
しかし、借金返済に苦しむ毎日、毎日どうしようと気をもむ、ストレス、それが原因の家庭不和、自殺も考えている…何ていう毎日のからの解放ができる料金だと考えると、人生には変えられないとも言えるのです。

 

いやいや、でもやっぱり高いという方でも、債務整理を行うため正しい知識を知るために無料相談だけでも受けることをオススメします。
話を聞いた上で、それなら自分でできると思えば、交渉も自分で行うのも良いでしょう。
無料相談をしたからと言って、必ず依頼をしなければならない事はありませんからご安心ください。

 

▲戻る

更新履歴