個人再生 官報 注意 重大

個人再生と官報 注意なければ重大なことがあります

個人再生や特定調停、自己破産をすると、「官報」に住所と名前が記載されます。
この官報は、裁判所の掲示なのですが、現在はインターネットでも確認ができます。
公告として、◯◯が債務整理をしましたと一般国民のお知らせをするのです。
債権者に対しての公表の意味もあります。

 

しかし、一般人がこの官報を目にすることはほとんどありません。
個人再生が人に知れないと言うのは、このような公表物があっても、それを目にする方がごく一部に限定されるからです。
個人再生の場合、官報には3回掲載され、このような流れで債務整理をしていると報告されます。
債権者が、債務者の個人再生に参加できない時の事後報告も兼ねていますが、意義があれば、個人再生手続きが遅れていくということです。

 

一応、このようなものがある程度で抑えておけば良いのですが、一つだけ心配なことがあります。
それは、闇金の存在です。
きちんとした(!)闇金では、この官報をもとに、DMなどを作成します。
個人再生などの債務整理をした方は、しばらくの間借り入れやクレジットができません。
しかし、本当は借り入れをしたい事情の方も多いのが現状です。
そのような心理をついて、官報に記載している住所に、ブラックOKの融資の誘いをしてくるのです。

 

その内容は、金利1%とか、すぐにお金を用意することができます、ここに連絡をくださいと言うような最もらしい内容のDMやFAXが続々きます。
絶対に手を付けないことです。
せっかく、個人再生で、再スタートを切ったところなのに、これからの返済をここで借りたら楽と思ってしまうのですが、
“債務整理後の借り入れOKと言うのはすべて闇金”で、
闇金からの借り入れに関しては、すぐに高い利息になってしまいますし、債務整理などもできないと思ってください。

 

債務整理後のこのような情報は、官報の情報をもとにしているので、通常のクレジットカード会社などでは絶対にこのような誘いはしてこないので、誘いには乗らないことが肝要です。

個人再生と官報 注意なければ重大なことがあります。関連ページ

個人再生とは
個人再生は、債務整理の中でも、任意整理より多く減額ができる債務整理です。裁判所を介して行うので、手続きなども煩雑で、時間のかかる債務整理です。メリットとして、住宅ローンの債務整理を外すことができる特例があることです。
個人再生の流れ
個人再生は、返済しなければならない借金の中に住宅ローンがある方にオススメです。マイホームだけは手放したくない方は、住宅ローン以外の債務整理をすることにより、借金総額が最大5分の一程度に圧縮することができます。
個人再生で住宅ローンが仇になってしまうこともある?
個人再生の最大のメリットは、住宅ローン特則があることです。住宅ローンを除く借金総額が5,000万円以下の場合、個人再生を行うことができます。
個人再生で車はどうなる?
個人再生のメリットは住宅ローンの債務整理をしないことで、マイホームを手放さなくても良い点にあります。しかし、もう1つ気になるのは車です。もし、車のローンが完済していて、自分のものであれば、問題はありません。ただし資産価値の高い車の場合、査定額相当の申告をすることは必要です。