個人再生 車

個人再生で車はどうなる?

個人再生のメリットは住宅ローンの債務整理をしないことで、マイホームを手放さなくても良い点にあります。
しかし、もう1つ気になるのは車です。
もし、車のローンが完済していて、自分のものであれば、問題はありません。
ただし資産価値の高い車の場合、査定額相当の申告をすることは必要です。

 

ローン返済中の時には、ローン会社が所有権を持ち、その債務整理もしてしまう場合、車を手放す結果になる可能性が高いのです。
ローン残をすべて支払って、車も手元に置くか、あとはローン会社が売却して、ローン残に充当することもあります。

 

ただし、車がなければ、仕事もできないし、生活もままならないケースもあります。
ローン会社にもよりますが、交渉しだいでは、そのまま所持することもできたり、個人再生の対象になることもできます。

 

消費者金融からの借金とは違い、車の場合は個人では判別できないことが多いです。
個人再生では、最終的に裁判所が提出する返済計画に則って、借金の5分の一程度を3年間で返済することになります。
そこに、車の存在が大きく響いてきます。

 

様々なケースが考えられますが、是非弁護士などに相談をして、車の所有ができるか確認をしてください。
仕事や生活に結びつくなどの機微な事情によっては、所有ができることもあるようです。

個人再生で車はどうなる?関連ページ

個人再生とは
個人再生は、債務整理の中でも、任意整理より多く減額ができる債務整理です。裁判所を介して行うので、手続きなども煩雑で、時間のかかる債務整理です。メリットとして、住宅ローンの債務整理を外すことができる特例があることです。
個人再生の流れ
個人再生は、返済しなければならない借金の中に住宅ローンがある方にオススメです。マイホームだけは手放したくない方は、住宅ローン以外の債務整理をすることにより、借金総額が最大5分の一程度に圧縮することができます。
個人再生と官報 注意なければ重大なことがあります。
個人再生や特定調停、自己破産をすると、「官報」に住所と名前が記載されます。この官報は、裁判所の掲示なのですが、現在はインターネットでも確認ができます。
個人再生で住宅ローンが仇になってしまうこともある?
個人再生の最大のメリットは、住宅ローン特則があることです。住宅ローンを除く借金総額が5,000万円以下の場合、個人再生を行うことができます。