任意整理

任意整理の意味と上手に行う方法

任意整理とは、返済が困難になった債務者が債権者との交渉によって、将来の利息をカットした債務を、返済できる範囲内で、契約をし直すことを言います。
裁判所を通さないことから、比較的短時間で行うことができ、自己破産や個人再生などの債務整理と比較をしても、手続きなども簡単です。
自己破産と大きく違う点は、債務者は必ず返済義務が生じることです。

 

債務整理というと、まだ自己破産しかないと思っている方も多いですが、簡単な手続きでできる任意整理を行う方が一番多いのです。
貸金業者などの債権者にしてみても、滞納している債務者から、何の返済をされないよりは、長い時間がかかったとしても元金の返済だけはできる債務整理として対応する業者も多いのです。

 

しかし、個人での任意整理では、対応できないことで、交渉に応じない消費者金融などの債権者もいます。
こんな時、弁護士が対応することで、渋々手続きを始める所もありますから、個人で任意整理がうまくいかないときには、法律事務所などに相談をしましょう。

 

また、過払い金があるときには、任意整理前に過払い金請求ができます。
利息制限法以上の利息を支払っていることがわかると、既に返済した文からの過払い金を返金してもらえる事になっています。
任意整理をしようとして、過払い金が発生していた場合、その分での返済も可能です。

 

この過払い金請求は、法律で定める債務整理ではないので、事故情報として個人信用情報機関に報告されることなく、その後もクレジットカードの使用やローン契約を行うことができます。

 

過払い金請求にしても任意整理にしても、金融機関によっては、弁護士などの法律の専門家して相手にしない場合があります。
返済額や取引期間にもよりますが、このような悪質なサラ金業者などの借金の債務整理は、弁護士費用がかかったとしても、弁護士や司法書士に交渉してもらう方が良いかもしれません。

任意整理記事一覧

債務整理で一番多く行われている任意整理。簡単に言うと、債務者と債権者の話し合いで、借金を減額することで、裁判所を通さないことから、比較的手続きが簡単で、時短で債務整理ができます。借金返済が困難になってきた場合、そのまま滞納をしたとしても何の解決もしません。債務整理をした方が良いのがわかっているけれど、なかなか踏み込めない理由の多くは、内容が良くわからない点にあります。債務整理で良く行われる任意整理...

債務整理のデメリットでは、債務整理後の新しいクレジットやローンの契約ができないことがあります。これは、個人信用情報機関に債務整理が事故情報として報告されるからで、新しい契約をするクレジットカード会社が、個人信用情報機関に照会をして、事故情報の有無を審査の対象とするからです。ですから、アパートの契約ということになると、ひょっとしたらできないのではないか?と心配な方も多いことでしょう。原則的には、賃貸...

現在、消費者金融からの債務があったとします。順調に返済をしていたのですが、滞納をしなければならない事態になった時、現在は債務整理の方法があります。一番短時間で行える任意整理では、消費者金融との交渉によって、将来の利息カットなどの減額で、返済を続けることが可能です。ですから、返せない借金を抱えているよりも、債務整理をしてしまった方が精神的にも楽です。ところで、これで借金返済が順調にできたとしても、任...

任意整理は、返済している債務の契約不履行を経て、新しい契約に変更をしてもらうことになります。その時に減額になることを条件にしてもらうため、債権者の中にはなかなか交渉に応じない所もあります。取引期間や返済額にもよりますが、任意整理をした時点(その前に滞納をしていたとしたらその時点)で、個人信用情報機関の事故情報として、いわゆるブラックリストにのります。個人信用情報機関は、その方の返済記録そのもので、...

債務整理の中でも任意整理は、時短解決が可能です。そして、自分で行うよりも弁護士や司法書士に依頼する方が効果は大きいです。債権者との交渉によって、債権者の同意(根負け?)によって成立しますから、交渉力が必要です。弁護士や司法書士に依頼をすると、弁護士費用が当然かかります。問い合わせをして相談をするのですが、ここから費用が発生する所もありますが、最近は相談だけなら無料です。任意整理の弁護士費用は、3つ...

任意整理は、個人でもできる債務整理です。債権者と直接交渉をして、借金返済の減額を申し出るのですが、効率よく行うのであれば法律事務所に相談に行くと、弁護士や司法書士が全て行ってくれます。ただ待っていれば良いのですが、弁護士費用は当然かかってきます。たいてい、着手金が必要になりますが、これは無料のところもあります。そして、任意整理が成功した場合は、報酬金として、成功報酬と減額報酬が請求されます。また、...

任意整理は、返済額の減額と借金総額のある程度の圧縮が目的です。自己破産や個人再生のような大幅な元金の減額は見込めません。元金は返済することを条件に、利息カットをすることで、毎月ムリのない返済を約束することです。ですから、将来かかる利息をゼロにできることで成功となります。弁護士や司法書士は、交渉力があり、任意整理の手続きは比較的簡単にできるとされます。しかし、最近では、債権者がなかなか同意しないこと...

任意整理をすると、その後のクレジットやローン契約が数年間できなくなります。大きなデメリットとしては、これだけです。仕事や日常生活に支障は出ませんし、家族に内緒で行うことも可能です。借金返済が困難になって滞納が続いたとして、その時点で新たな借り入れができなくなってしまいます、これは、任意整理をしなくてもそうなってしまうのです。ただ滞納をして逃げてばかりはいられないことから、債権者との決着をする上で、...

任意整理後のクレジットカードの使用はしばらくできません。この期間は、その方によって違います。任意整理の金額だけではなく、収入やクレジットカード会社の判断によるものです。任意整理前に行うことが多い過払い金請求をした場合は、その後クレジットカード使用はできます。過払い金請求は任意整理ではないのですが、過払い金請求と任意整理を同時に行った場合は、やはりクレジットカード使用はできません。また、クレジットカ...